クラウドサーバーからのダウンロード以外の方法で、VR動画データをVRヘッドセットアプリに転送する方法はありますか?

Oculus Go( またはAndroid スマホ)のアプリであれば、PCと接続してUSB経由で直接VR動画データをアプリ内に転送することが可能です。

How to manually preload your content
https://dashboard.vr-sync.com/support/article/63

クラウドサーバーからのダウンロードよりも速いですし、数人で手分けをしてデータの転送作業をすることもできるので、そのようにしたらもっと速く、多数のVRヘッドセットへのデータの転送作業をすることができます。

転送の時間の目安ですが、Insta360 One Xから無加工で取り出した3分間のVR動画(360動画)(2.3GB、MPEG4、ビットレート102MBPS、5.7k( 5760px x 2880 px )、30FPS)の場合、パソコンからOculus Goへの転送時間は約1分20秒でした。

PCからUSB経由での転送の方法は以下のとおりです。

1)アプリと素材を準備する

Oculus Go( またはAndroid スマホ)にVR SYNCのアプリをインストールし、PINを入力しておきます。

自分のPCに、「VRSync」というフォルダを用意してください。そしてそのなかに、次の1-1〜1-4までのコンテンツを準備して下さい。

1-1) 動画の場合

VR動画を準備します。その際のデータファイルの名前の付け方には規則があります。再生順に、以下のとおりです。

1_(動画の名前).mp4
2_(動画の名前).mp4

例:1_asakusasensouji.mp4

データファイルの名前の先頭にある数字とアンダースコアによって、VRSYNCは再生順序を決定します。

Equiangular (YouTubeで利用されている360動画フォーマット)形式の 360 videoの再生をする場合には、_eac(モノスコピック形式) または、 _eacstereo (ステレオスコピック形式)をファイル名の後ろにつけます。

例:3_rugby-in-rain_eac.mp4

ステレオスコピック(3D)動画の再生の場合には_tb(top-bottom)、または_lr(left-right)をファイル名の後ろにつけます。

例:4_performance_tb.mp4

1-2) 静止画の場合

jpgまたはpngファイルを使用可能です。

動画と同じように、データファイルの名前の付け方には規則があります。再生順に、以下のとおりです。番号が動画と重ならないように気をつけて下さい。

1_(静止画の名前).jpg ( または.png)
2_(静止画の名前).jpg ( または.png)

1-3) 空間音声の場合

1_videoname.tbe,
2_anothervideo.tbe
というように、空間音声が対応する動画と同じファイル名が付き、拡張子を.tbeにしてください。

1-4) VR SYNCアプリ内で、動画が始まる前に表示される背景写真とロゴ

アプリの背景画は、 background.png というファイル名にします。
アプリに表示するロゴは logo.png  というファイル名にします。

このようになります。

※この「背景写真とロゴ」につきましては、こちらからその仕様について必ず確認してください(VR Syncのクライエントアプリで表示する、オリジナルの背景画像やロゴの推奨仕様)。

2)「VRSync」フォルダをOculus Go( またはAndroid スマホ)に転送する

PCで作った「 VRSync 」というフォルダを、USBケーブルでOculus( またはAndroid スマホ) Goにコピーします。

Oculus GoとPCをUSBケーブルで接続して転送する方法

もしすでにVRSyncフォルダーがあるのであれば、上書きまたはマージできます。

3)動画を再生する。

プリロードが終わったら、Oculus GoのVR Syncアプリを開き、次に、PCのブラウザ上でVR SYNCにログイン、ダッシュボードのWebremoteタブを開きます。Webremoteには、直接転送したコンテンツが ‘Local video 1’, ‘Local video 2’ のように、表示されます。

※もしこの段階で、Webremoteタブ内に ‘Local video 1’, ‘Local video 2’のような表示が無い(すなわち、VR SYNCのクラウドサーバーに、Oculus Go内のVR SYNCアプリに直接転送されたコンテンツが認識されていない)場合には、幕間にVR空間に表示されるロゴや背景を設定してみてください。
(2-7) コンテンツが始まるまでの間や、1つのコンテンツが終わって次のコンテンツが表示されるまでの幕間にVR空間に表示されるロゴや背景を、設定することもできます。)


このようにすることにより、強制的にVR SYNCのクラウドサーバーに対し、あながた利用するOculus Goヘッドセットを認識させることができます。