概要

VR SYNCとは、オランダのVR OWL社が開発した、VR動画(360度動画)を、同時に多くの人に見ていただくための制御技術です。

最大300人前後まで(実績としては700人以上)、VRデバイス(Oculus Go等)を装着した視聴者に対し、、VRデバイス(Oculus Go他)を装着した視聴者に対し、インターネットを通じてPCやタブレットからコントロールすることで、同じ内容のVR動画を一斉に視聴させることができます。視聴者にVRデバイスをコントロールさせる必要がなくなるため、VR動画を利用するプレゼンテーションが非常に簡単になります。

VRデバイスの中にVRコンテンツを予め格納しておく方式のため、ストリーミングサーバー等は不要です。通常のWifi環境下で動作します。

テザリングが可能なスマートフォンがあれば、複数台のOculus Goをそのスマホのテザリングでネットに接続し、Oculus Go自体の再生はそのスマホのブラウザから制御、ということも可能です。

基本的な使い方

基本的な使い方は以下のとおりです。

補足情報

VR SYNC本家ウェブサイトでは、VR SYNC BOXというポータブルのローカルサーバー通じたVR SYNCの利用を紹介しています。この、VR SYNC BOXを利用すれば、インターネット接続環境が無い場所・または不安定な場所でも、VR SYNCの機能を充分に利用することができます。

しかしながら、現在VR SYNC本家ウェブサイトで販売されているVR SYNC BOXは、日本の電波利用許可が得られていないために利用することはできません。

日本で利用できるVR SYNC BOXは、こちらから購入が可能です。

※利用時には、VR SYNC BOX専用のVR SYNCアカウントの購入が必要です。

SYNC BOX 販売ページへ

その他のFAQはこちら

VR SYNC 無料トライアルはこちらから

VRSYNCの全機能を、無料で10台分・7日間利用することができます。 無料トライアル版では、中央にVR SYNCの透かしが入ります


Youtubeサンプル:「VR SYNCと20台のOculus Goで、「かえるの合唱」コーラスしてみた」


VR SYNCに関するお問い合わせは、こちらからどうぞ 。無料で御社にデモンストレーションに参ります(東京都内は無料。他都道府県の場合は、交通費実費をお願い致します)。 どうぞお気軽にお声がけください。